堀江薬局

非常にデリケートな問題なので、思いまでを伝えることが難しかったんです。

[ペ]そうなんですね。
価値が高まったということですが、アプローチブックを作られる以前はどんな感じだったんでしょうか。

〔堀〕当社は、「女性のための相談できるくすり屋さん」として、漢方やサプリメントをお出しする相談薬局なんです。
婦人科漢方が専門ということもあり、子宝相談が非常に多く、実際たくさんの女性が相談にいらっしゃって下さってまして、その多くの方が「妊娠」にいたっていました。。
ただ、非常にデリケートな問題なので、どうやって新規の方に、そのことを伝えていくかが非常に難しく感じていました。
チラシやミニコミ誌などを使って広告しても、お伝え出来る内容に限りがありますし、なかなか思いまでを伝えることが難しかったんです。
そのため、広がりに限界を感じていました。

[ペ]じゃあ、その閉塞感に一筋の光明が見えたって感じで捉えられたのですね。

〔堀〕はい。自分が探していたモノはコレだったんだ。と。
それで、長澤販促塾さんに問い合わせたら、ちょうど、制作塾が開催されるということだったので、即効申し込みました。(笑)

[ペ]ありがとうございました。
そう言えば、堀江さんは以前から小冊子はお作りになっていたと、さっき仰ってましたが、アプローチブック制作塾での苦労話や裏話、自分で作っていたときとの違いなど、これから「アプローチブックを作るぞ!」という人のためにお話しいただけることはありますか?

〔堀〕アプローチブックを作るのは、単にそのサービスや商品の説明をするのとは違います。
たとえばボクの場合は、子宝相談に対する思いや情熱、そういったものが問われるんですね。
「なんで子宝相談をしているんだろう」そういった普段考えない、根源的な部分で自分に向き合い、見つめなおすことができたという意味でもとてもよい機会でした。

正直、あんまり苦労はしてないんですよねー。
答は最初から自分の中にあったから。、
大切なものを再発見、再構築したような感じです。

逆に、
「単にこれが売りたいからアプローチブックを作りたい!」
という人が作ると苦労されるかもしれませんね~。

裏話でもないんですけど、アプローチブックの中に子宝相談で生まれた赤ちゃんの顔写真のページがあるんです。
お母さん方にお願いしたときに、みなさん快く掲載をOKしていただいたのが、とてもうれしかったですね。

[ペ]そうなんですかぁ! どのお母様方も堀江先生には感謝されているって事ですよね。そういうお仕事が出来るのはとても羨ましい。

〔堀〕はい。本当にこの仕事をしていて、よかった。そう思えた瞬間でしたね。

 

福岡や東京などからもご来店いただいています。

[ペ]そうですよね。
ところで、アプローチブックを作られたいま、そのアプローチブックはどのように活用されているのですか?配布方法など、参考にお聞かせいただけますか。

〔堀〕そうですね。配布方法は大きく分けて3つあります。
①ホームページでの資料請求
より多くの方に知っていただくためです。
地元だけでなく全国のたくさんの方にお読みいただいています。

②店頭での手渡し用
直接来店される方の場合、漢方などをお買い上げいただいた後にお渡しすることが多 いです。
この場合は、理解をより深めていただくため、という意味合いが強いですね。

③紹介者を通じてお渡しいただく
妊娠された方から直接、悩んでらっしゃるご友人にお渡しいただくのが一番効果があ
ります。
気持ちも伝わるんでしょうね。紹介いただいた方の妊娠率ってとっても高いです。

[ペ]堀江さんの思いや、お母さんになられた方々の思いがたくさん重なっているのでしょうね。
アプローチブックが結ぶ「和」みたいな...
インターネットを通じて日本全国から問合せが来るようになって、なにかお仕事に変化はありますか?

〔堀〕そうですね。今までは地元の方だけだったのが、ホームページの資料請求が多いため遠方からのご相談が増えました。
実際、福岡や東京などからもご来店いただいています。
直接来ることが難しい場合は体づくりの土台に役立つサプリメントをおすすめするので通販部門ものびています。

[ペ]へぇ~、東京からもですか!?

〔堀〕また、アプローチブックってBOOK(本)なんですね。「本」を出しているような印象をもたれるので
ちょっと格が上がって、先生って呼ばれることが増えました(笑)

[ペ]はは~っ、堀江先生。(笑)

〔堀〕それからですね。コレは予想外だったのですが、
アプローチブックの中で、「妊娠しやすい体づくり」の方法も少し書いているので、それを実践しただけで体調が良くなった!妊娠した!
なんて声もいただいてるんですよ~。
これにはびっくり(笑)

[ペ]・・・健康にも良い。と...

〔堀〕そうです。相談の方もかなり増えています。去年の倍くらいかな。
自分がパンクしないようにするのも大変ですね~。

 

異業種の方の考えに触れられた事は大きいです。

[ペ]お身体には十分注意くださいね。
でも、アプローチブックが少しでもお役に立てているようで、本当に嬉しいです。
最後に、アプローチブック制作塾に参加されて良かったことと、今後のビジネスの展開・目標など、お聞かせください。

〔堀〕そうですね。
塾に参加してよかったことは、異業種の方の考えに触れられた事は大きいです。
おんなじ業界だと、狭い視野になりがちですからね。

そしてこれからは、もっとたくさんの方に対して「子宝」のお手伝いがしたいですね。
いまは月に10人くらいのかたが妊娠されるんですけど、もっともっとたくさんの人に「妊娠しやすい体づくり」のことを知ってもらって、幸せになってほしいと思います。

縁結びの神様、出雲大社のお膝元ですから、出雲が子宝の街として有名になるくらい広がってほしいと思ってます。

[ペ]いやぁ、とても素晴らしいお考えですね。
感激しました。本日は本当にありがとうございました。

〔堀〕こちらこそ、ありがとうございました。