ヤマシナ商事

 

「あっこれだ!」って思いました。

本日は前回当塾に参加され、アプローチブックを作成された
千葉県鎌ヶ谷市に本社がある
株式会社 やましな商事様の山品社長様にお話しを伺いたいと思います。

[上]:社長宜しくお願いします

〔山〕:こちらこそ宜しく。

[上]:まず、作る前の状況を教えていただきたいのですが

〔山〕:業界自体はそんなに悪くなかったのですが悪質なリフォーム詐欺や建物偽装問題などで、お客様が不安に思いだまされたくない。見たいな空気が流れていましたね。

だから、商談中でもどうしてもそっちの話しになり結局、今じゃないのかな~なんて感じでしたね。

[上]:そうなんですか、お客様はだまされたくない心理があったんですね。

[上]:お客様に安心していただくにはどのような事を考えたのですか。

〔山〕:そこで、一人ひとりに説明していくのは大変だし、時間も掛かる何かいい方法は無いかなと考えていた所に、以前から知っていた長澤販促塾の長澤さんにそうだんしたんですよ彼がいろいろアドバイスをくれて、サンプルを見た時僕の左脳に電気が走るくらいの衝撃でした。 「あっこれだ!」と思いましたね。

 

「いまさら小冊子で」という不安はありました。

[上]:なるほど、そうだったんですね

〔山〕:そうなんですよ。
今までにも、社員にはお客様に夢と希望をお届けしなさい。と、いつも言っているのですが
実は、伝える手段がバラバラで、伝わって無かったんですよね。

[上]:そうだったんですか

〔山〕:その時、「お客様に伝わってないものが、果たして社員や仲間の業者様に伝わっているのか?」と不安になったんです。
そこで、お客様、社員、関係業者様、取りき先、いろんな方に伝える物にしようと思い、書き始めたんです。

[上]:ええ。

〔山〕:ですが、当社もいろいろな販促ツールを試してきたのですが効果という面で今ひとつでしたし、「いまさら小冊子で」という
不安が多少ありましたけどね(笑)今だから言いますけど・・・

[上]:そうですよね。
なかなか、自分のことは書きずらいですよね。これも、あれも、みたいになりますし、誰に、何を伝えるかが肝心ですからね。

生みの苦しみですね。

〔山〕:実際、制作塾で悩んで、悩んで、なかなか決まらなくて...塾長さんや、スタッフにアドバイスを頂いたのですがまとまらなくて、煮詰まっていたんですよね
そんな時、長澤販促塾の女性スタッフの一言で目の前がパーッ!と開けてまとまったということが有りました。

[上]:どんなひと言だったんですか?

〔山〕:忘れちゃいました。その時は、本当に革新的だったんですけど...

[上]:残念です...

〔山〕:(笑)生みの苦しみですね。それからは、技術的なアドバイスだったり、見せ方だったり、長澤さんから適切な助言を頂き、出来上がった次第です。

 

しかし最も意外なのは社員や仲間業者さんの反応。

[上]:苦労して書いたアプローチブックをどのように活用、配布しようととお考えでしたか。

〔山〕:当社では地元のお客様と関係性を築こうという命題の元「やましなまつり」を開催してるんです。

[上]:えっそれはどういったことなんですか?

〔山〕:当社のOB様、現状のお客様、関係業者様、銀行関係、弊社に関係のある方全てをご招待して、ご接待するといういわゆる"感謝祭"ですね。

[上]:すごいイベントですね。

〔山〕:そうなんだよね大変なんだけど、社員も盛り上がってるし、一番嬉しいのは皆が「笑顔」になるという事なんですよ。

[上]:いい話です。

〔山〕:そこで皆さんに配ったんですよ。

[上]:なるほど。配ってみてどうでしたか?

〔山〕:最初は「社長。本書いたの?」見たいな反応でしたが、次第に「なるほでね~」とか「そう!そう!そうなんだよね」見たいな反応になり、「本見たんだけど相談に乗って欲しい。」という声が出てきてますね。

[上]:効果ありありですね。

〔山〕:実際、大きな受注も頂いてますし。

[上]:凄いですね。

〔山〕:お客様とお会いする前に、アプローチブックで関係性のハードルを下げることで、お会いした時は、以前から知っているみたいな感覚になるのかな。

[上]:不思議ですね。社長の思いをアプローチブックが伝えてくれている感じですね。

〔山〕:そうなんだよね。しかし最も意外なのは社員や仲間業者さんの反応。

[上]:それは・・・

〔山〕:僕の言ってることや、考えている事の意味がわかったみたいで、すごく社内的にもスムーズになったし、見えないコストってあるじゃないですか。 それはかなり削減してますよ。
なぜかというと、社長の考えが、末端まで伝わっているから「これをやれば」、「これはやったら」という判断が出来、無駄なアクションがなくなりましたよね。
「1つのチーム」みたいな感じです。

[上]:へ~!なんだか高校野球みたいですね。

〔山〕:そうだね。 ちょっと違うけど(笑)

銀行さんから、お客様を紹介していただいた。

[上]:では社長それ以外の反応はどうでしたか?

〔山〕:実はね。今回アプローチブックを作成して、一番サプライズの反応は
イベントで銀行関係の人も来場するので当然、お渡しするでしょう。

[上]:ええ

〔山〕:それが、銀行さんの朝礼で紹介してくださったみたいで、えらく評判が良かったみたいなんですよ。

[上]:ええ

〔山〕:今までは、ビジネスライクなお付き合いだったんですけどね。
なにか、アプローチブックを読んで頂いてから、なんていうか、いろいろ相談してくれるようになったり、リフォームを考えているお客様を紹介してくれたりするんですよ。

[上]:そ、そうなんですか!?

〔山〕:今まで、そんなこと無かったからね。僕の思いに共感してくれたのかな?

[上]:そうですよ。今まで無かったんでしょう
伝わったんですよ

〔山〕:そうだったら、作ったかいがあったね・・・あっはっは

[上]:そう言っていただけると、お手伝いしたかいがありました。

〔山〕:それ以外のも、意外な所からの反応も出てきてるんでね。

[上]:そうですか。また是非お話しうかがわして下さい。
社長、今日は有難うございました

〔山〕:こちらこそ。

[上]:本日、お話しをお伺いしたのは

千葉県鎌ヶ谷市に本社がある

株式会社 ヤマシナ商事

代表取締役 山科社長様でした

ところでなんで社長はブラックミッキーなんですか?

〔山〕:えっーーーーーーー。

以上現場から上田でした。

 
 株式会社 ヤマシナ商事

 代表取締役社長 山品 和宏

 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-5-65

 http://www.yamashina-co.com/